見せます!現代探偵の全て

ここまでやります!探偵ができる内容と料金の目安

現代の探偵は何をしているのか

名探偵と言ったら、誰を想像するだろうか。金田一耕助、あるいは明智小五郎?海外ならシャーロック・ホームズかポワロも挙がるだろう。あるいはアニメの名探偵コナンかもしれない。名探偵は創作の世界の中に多く存在する。この項では、それらの共通点に迫っていこう。

現代日本の探偵業務とは

では、現代日本の名探偵はどのような仕事をしているのだろうか。創作世界の探偵と同じように、時には自ら犯人を追い詰めて大立ち回りを演じたりするのだろうか。業務内容に迫り、実態を見ていく。東京にも、黒い犬で「探偵」と書かれた広告が貼られているのをたびたび目にするだろう。探偵業は今だに存在するのだ。

探偵の相場とは

探偵と言っても職業である。よってそこに依頼をすれば対価が発生するのが道理だ。探偵に依頼をすることもりっぱな1つの種類の契約にあたるため、期間や成功条件などを明確化しておく必要がある。そうでないと、後々金銭トラブルの原因となりかねないからだ。

名探偵の実態に迫る

探偵業は、かつて多くの小説や映画、アニメといった創作で扱われてきた職業だ。シャーロック・ホームズをはじめ、様々な名探偵が生み出されてきたことは皆さんもよくご存じのことだろう。不倫調査などの些細な街の人の悩みから、失踪事件や殺人事件まで幅広く様々な事件を扱い、解明していく名探偵。依頼人の期待に応えていく万能な探偵と、そのパートナーである忠実な助手。そんな組み合わせに、幼いころあこがれた人も少なくないのではないだろうか。
現代の日本にも、もちろん職業としての探偵は存在している。しかし、探偵自ら犯人を(それも滝の上や断崖絶壁などの絵になるところに)追い詰め、犯人の犯行動機や犯行のやり方が自供されていく、そんなドラマのようなことは発生しない。現代の探偵業というのは興信所のようなもの。様々な、特に男女関係の調査業務がその主な仕事となっているのだ。探偵といって1つの商売であり、契約もあれば対価も発生する。成果が出せなかったから0円、というわけにもいかない。
このページでは現代日本においての探偵がどのような仕事をしているのか、どのような資格が必要なのか、そしてどのくらいの費用を見込んだ方がいいのか、探偵を利用する注意点。そういった内容について注目してみていきたい。
大切なのは、夢を見ないことである。1契約として、誇大広告や不自然な言いきり、業務内容に騙されないようにして、堅実な契約を決定する必要があるのだ。